女性を応援する税理士資格の情報サイト

女性に人気の税理士資格!結婚出産後も再就職率が高い

税理士資格とは

近年、税理士資格が女性に人気なようです。 専門的な税理士資格は取得の難易度が高い分、安定した収入を見込める他、さまざまな働き方にも対応しやすくなっており、結婚・出産後にも活用できます。 女性が税理士資格を取得した場合に、どのように生かせるのかを詳しくまとめました。

税理士資格取得の流れ

需要が高く、高収入が期待できる税理士資格ですが、その分難易度の高い資格でもあります。 税理士資格を取得するには、受験資格を得た後に、試験に合格する必要があります。 具体的にどのような手順を踏むことになるのか、詳細をまとめましたので、ご参考にしてください。

税理士試験対策

税理士資格は難易度の高い資格のため、資格取得には勉強と対策が必要になります。 また、具体的にどのくらいの難易度なのか、科目によって難易度に差はあるのか、取得までだいたいどのくらいかかるのか…ということが気がかりだと思います。 これらの情報について見ていきましょう。

税理士資格が女性に人気な理由

「税理士」という職業を聞いたことはあっても、詳しく説明できる方は少ないのではないでしょうか。

税理士資格は国家資格の1つで、その名の通り、税金に関する手続きをしたり、相談を受けるために必要な資格です。
税理士として働く場合は、企業や、フリーランスの方から依頼を受けて、それらの業務を行ないます。

税金に関する手続きのうち、税理士資格を持っていないと行えない業務があります。
医師免許と同じように、資格なしでその業務にあたることが許されていないため、税理士資格は専門性が高く、重宝されるのです。

では、税理士資格がないと携わることができない業務とはどのようなものがあるのでしょうか。

まずは、「税務代理」と呼ばれる業務があります。
これは、税金のチェックを行う税務署との間に入って、確定申告や青色申告の承認・申請を行ったり、税務調査に立ち会ったりすることです。
税務署の監査にひっかかってしまったら、追加で税金を納めなければならないなどの罰則があるため、専門知識を持った税理士はクライアントにとって非常に心強い存在になります。

次に、税金の計算をして、書類を作成して申告する「税務書類の作成」業務があります。
日本は「申告納税制度」と呼ばれる、納税者が自ら税金を申告するシステムを採用しており、複雑な税金の計算や申告書類の作成をしなければなりません。
税理士は、これらの作業をクライアントの代理で行うことができます。

もう1つが、「税務相談」です。
税理士は、税金の計算、相続、贈与などの正しい知識を持って、クライアントに指導ができます。
税務署は書類の書き方は教えてくれても、クライアントにより適した計算方法や、節税についてはカバーしてくれませんので、税理士がフォローするのです。