税理士資格とは

税理士資格の需要

企業やフリーランスの方が利益を上げる際に、税金の申告は欠かせません。
税金の計算や申告、節税方法が複雑化している現代では、税理士は非常に需要がある職業です。
「税務書類の作成」「税務代理」「税務相談」の独占業務を行なえる税理士は、男女を問わず必要とされます。
税理士資格は取得の難易度が高い分需要があり、資格取得時の努力も評価されやすいため、結婚・出産後の再就職がしやすいと考えられます。

税理士は、中小企業が多い、地方でも需要があります。
これによって、結婚を機に引っ越すことになっても、比較的職に就きやすくなっています。

また、近年若手の税理士が減少しており、特に20代から30代の税理士については売り手市場になっているようです。

さまざまな働き方ができる

税理士資格を持っていると、さまざまな働き方ができます。
社員として育休制度のある会計事務所に所属する他、独立・開業して自分でスケジュール管理ができるようにしたりと、結婚・出産後も臨機応変に対応しやすい職業です。

さらに、税理士は自宅にパソコンや会計ソフトを導入することによって、企業などと顧問契約やパートナー契約を結んで在宅勤務をすることが可能です。

税理士と言えば、会計事務所からクライアントである企業などに携わるというイメージがあるかもしれませんが、税理士資格を活かして大手企業に就職するという手もあります。
一般企業・外資企業の経理・財務部署はもちろん、金融機関やコンサルティングファームにも需要があります。
結婚・出産後に、生活に合った企業へ転職しやすいのも強みです。