税理士資格取得の流れ

先に「受験資格」を取得する必要がある

勉強をしてテストに合格すれば税理士資格を取得できるかというと、そうではありません。
税理士資格の試験を受けるためには、受験資格が必要です。
以下の「学識」「資格」「職歴」「認定」に分類される条件のうち、いずれか1つを満たしているという証明を提示しなければ、試験を受けることができないのです。

「学識」とは、主に学校で指定の科目を履修しているなど、税理士に必要な勉強をしていることです。
「資格」は、日商簿記1級や公認会計士試験に合格しているなど、税に関する資格を有していることです。
「職歴」では、資金の貸付・運用、会計に関する事務、税理士・弁護士・公認会計士等の業務補助の事務などに通算2年以上携わった実績があることが挙げられています。
その他に、国税審議会が受験資格があると「認定」すれば、試験を受けることができます。

税理士資格の試験

受験資格をクリアしたら、いよいよ税理士資格の試験を受けることになります。

税理士資格試験は、11科目の試験のうち、5つの科目をクリアすれば合格です。
そのため、自分の得意な科目を選ぶことが大切になります。
ただし、5科目ならどれでも選んでいいというわけではなく、必ず合格しなければならない必須科目が設けられています。
会計科目と呼ばれる「簿記論」「財務諸表論」の2つは必須科目で、どちらも合格しなければなりません。
あとは税法科目と呼ばれる「所得税法」「法人税法」「相続税法」「消費税法」「酒税法」「国税徴収法」「住民税」「事業税」「固定資産税」の9科目から残りの3科目を選択することになりますが、この中でも「所得税法」と「法人税法」のどちらか1つには合格しなければなりません。