網戸の張替えを行っていきましょう~網戸でバリアを~

ガムテープをもつ人

窓ガラスの交換

交換が必要な窓ガラスの破損原因

窓ガラスが破損は、ひび割れが主な交換理由です。 通常の窓ガラスは、衝撃を与えなければ割れませんが、飛散防止タイプなら、小さな衝撃や、熱の影響で割れます。 網が内部に封入された網入りは、内部に金属線が入れられ、割れても飛び散らない事から、マンションで使用されます。 ガラスとサッシの隙間が出来て、そこに水が入る事も、内部の金属を腐食させ、膨張して割れる原因です。 つまり、破損を防ぐには、結露や水滴を拭き取り、劣化したパッキンを補修する事が、窓ガラスを長持ちさせるテクニックです。 交換作業を行うとなると、出費や作業スペースの確保が必要です。 ですから、窓ガラスを劣化させる条件や、対応方法を情報として知る事が、寿命を短くする事を防ぐ豆知識です。

長く快適に使える窓ガラスの選び方

長く使える窓ガラスは、割れにくい事が重要です。 割れない事は最低条件ですが、断熱性の高さも、窓ガラスに必要な性能です。 断熱性が低いと、エネルギー効率は低下し、夏場は暑く、冬は寒さが侵入します。 エアコンの負担を軽くして、電気代を節約するなら、窓の断熱を良くする工夫を行います。 身近にある断熱素材で、窓ガラスに空気層を作れば、熱の移動を阻止し、エネルギーの無駄を減らせます。 手間をかけず、高い効率を得るには、窓ガラスの交換が必要です。 内部にガスが充填された窓ガラスは、外に快適な空気が移動する事を避け、不快な温度差を改善するメリットが有ります。 サッシにもこだわった製品は、熱の伝わりが小さいので、ガラスと併せて交換すると、季節に関係無く快適に過ごせます。

Copyright© 2015 網戸の張替えを行っていきましょう~網戸でバリアを~All Rights Reserved.